シミウスは効果なし?悪い口コミもある?成分から効果を分析!

シミウスを使って効果がなしとか効かないとかの悪い口コミをたまに見かけますが、本当のところどうなんでしょうか?

調べてみました。

シミウスのメインとなる成分は、プラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウムという成分です。

それぞれ説明していきますね。

プラセンタエキスの効果は?

プラセンタエキスの最も期待される効果は美白です。

製造方法は、豚の胎盤から凍結、融解等の方法で無菌的に水で抽出して得られます。

新陳代謝を活発にして美白効果が期待できる成分で古くから用いられているため安全性や副作用の心配もありません。

また、シミを薄くする作用もあるといわれています。

私たちの体は紫外線を浴びるとメラニン色素が生成されます。

そしてこのメラニン色素は、どんどん肌にたまっていって肌表面にまで見えるようになります。

これがシミとなります。

プラセンタエキスには、その濃くなったメラニン色素の色を元に戻して薄くする効果が期待できます。

なので、今から美白に気を付けていきたいと思っている方や、これまで肌のケアをおろそかにしてしまってシミに悩んでいる方にも効果が期待できます。

グリチルリチン酸ジカリウムの効果は?

口に出して読むにも難しそうな名前ですね(;^_^A

グリチルリチン酸ジカリウムの効果は、ニキビ、肌荒れ、赤みの改善や紫外線によるダメージを抑えて肌のきめを整えます。

シミを薄くするというよりは炎症を抑えることを期待して配合されています。

また、グリチルリチン酸ジカリウムは甘草(かんぞう)エキスと記載されていることもあります。

甘草は漢方薬でよく知られた薬草のなかでも最も歴史が古いものの1つでもあります、なので安全性も心配ないと思います。

その他の成分は?

コラーゲン&ヒアルロン酸

これは、2つとも女性にとってウレシイ成分ですね^^

コラーゲンは、肌の弾力やハリを向上し、シミが排出されやすいお肌へと導く目的で配合されています。

ヒアルロン酸は、たくさんの水分を抱え込む働きがあるので水分保持やハリや弾力の維持に効果的な成分です。

この2つの成分は、美白成分が浸透しやすい肌にするための、縁の下の力持ち的な役目として配合されています。

11種類もの植物エキス

シミウスには『11種類もの植物エキス』が贅沢に配合されています。

現在、注目されている『シコンエキス』も入っています。

シコンエキスの効果は、保湿効果やお肌の新陳代謝を高めて肌の生まれ変わりであるターンオーバーの正常化やメラニン色素の排出を助ける美白効果も期待できます。

まとめ

このようにシミウスには、シミに効果が期待できる成分がたくさん配合されています。

口コミの中で効果がないとか効かないといった口コミの方を分析してみると、使用期間が数週間~1ヶ月程度といった短い方がほとんどでした。

シミはメラニン色素が肌に蓄積されてるものなので解消するには時間がかかります。

なので継続的にシミウスを使うことで目指している美白の肌近づくようになると思います。